2011年07月30日

野呂美加さんお話会・終了しました。


野呂美加さんのお話会、先程終了しました。

雨の中、ご来場くださった皆さん、ありがとうございました。
福島市やなんと埼玉からも('_')!!


20年近くもの間、実際にチェルノブイリを見続けてきた野呂さん。

ベラルーシの子供たちを、北海道に招いて保養をさせる支援をずっと続けてこられた。


チェルノブイリの事故から25年もあとで起きた今回のフクシマの事故。

その背景や、その後の対応の話は
聴いても聴いても、納得できない。


怖い事は
まだなにも終わっていなくて

そしてその被害の形は
まだなにも見えていないこと。


普通に今まで通り暮らしていて良い環境じゃないこと。


そして
忘れてはいけないのは

今も、満々と被爆しながら
どうにか収束に向けようと作業してくれてるひとたちと
その家族がいるということ。


DSC_0113.jpg


みんなでいっしょにべんきょうしました。


未来は私たちの手の中。

見えないから、よくわからないし、
危機感持って暮らすことに、ちょっと疲れたりもするけれど、

チェルノブイリの人たちだって、
25年たった今も闘っている。


うちらもごまかさないで
ちゃんと向き合っていこう。

そんな決意を新たにしました。


忘れずに。
諦めずに。

あきらめたらそこで試合終了だよって
安西先生もゆってた。

スラムダンク参照。



野呂美加さん。

小さいお身体にいっぱいの情熱で
たくさん気付かせてくださいました。


感謝いたします!





posted by hozumi at 23:46| Comment(0) | イベント後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

Cafeはおしまい。それと宴会のお誘い。

Twitter、Facebookには
のっけていたのですが
やっとここに書きます。


2004年7月になぴあはうすがオープンして丸6年。

Cafe・飲食店としての営業は終了させていただくことにしました。



2年くらい前から、カフェの営業はゲリラ的になって
昨年8月からは夜cafeとして水曜の夜だけ限定のFree Open。
結果として震災2日前の営業が最後になりました。


6年ごとに営業許可の更新をすることになっているのですが
継続の申請をしないことにして
先日、廃業届というのを提出してきました。


飲食店、として、
ゴハンや飲み物を提供してお金を受け取ることができなくなりますが、

料理教室などの運営には問題がないのでだいじょうぶ。

Cafeをしなくなるだけで、



なぴあはこれからも存在し続けますからだいじょうぶ。
←コレ重要




震災のせいかっていうと少し違います。
が、きっかけにはなりました。

その辺のことはまた書きたいなと思うけれど。

今日はお知らせを。


わたしのゴハンを
愛してくれたみなさん。

ほんとうにほんとうに
ありがとうございました。


食い意地の張ったワタシ発信の
自然食と言う割には自己主張の強い
労働者級のランチ。

もう二度と作れない物も多い
インスピレーションあんどイマジネーションから
繰り出される気まぐれスイーツ。

季節ごとのコース料理。

今までのメニューの一部は
ホームページに写真のっけてます。
※フラッシュ版なので携帯では見れないかも・・・ごめんなさい。。。




愛して褒めて育ててくれて
ほんとうにほんとうにありがとう。


食べてもらうヨロコビは
とてもとても感慨深いものでした。

うれしかった。
そして楽しかった!



本当はしっかり準備をして
ありがとうのイベントをしたかったのですが、

時間も予算もないので
ちっさく卒業宴会をしてみようと思います。




7月31日(日)・・・もう明後日ですが。
夕方5時くらいから

ゆるゆると集まり飲んだり食べたりしゃべったりいたします。

参加費無料
食べ物・飲み物(お酒・ジュース・お茶)完全持ち込み制


来たい方は誰でもいらしてくださってOK(*^_^*)

お金は要りませんが、
各自食べたいもの、飲みたいものをご持参ください。



厨房貸しますから、料理してくれても可。


ルーシー先生が何やらカレーを作ってくれるそうですよ^^

ビールとカレーで放射能除染!と行きましょう〜!!


以下ネーミングはルーシー発信。

『なぴあ発 復興作戦会議!!
放射能をブッ飛ばせ!ビール祭り!!
ルーシーのタイカレー炊き出しもあるよ大会』

なんだかな・・・

そんな意味合いも込めて。


しゃべりに来てください^^
飲みに来てください^^

各自持参で悪いけども。

不安な方は前もって連絡ください(笑)


たぶん、遅くまでやってますから。



去年はド派手にバーベキューあんど流しそうめんでしたが、
今年はそうもいかないから。

大人の夏休み、震災復興ばーじょんでまいりましょう^^

















posted by hozumi at 17:56| Comment(4) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

うちのホットスポット

雨どいの下は放射線濃度が濃い、という
もっぱらの噂ですが
マジです。



先日、私の留守中に父(58)が会社の線量計で測ってくれたらしい。

その翌朝、のんきに相変わらずテキトーな洗濯をしていたら
父が血相変えて訪ねてきたので
てんこもりだった流しの食器を留守中に洗ってくれた件で怒られっかな・・・と
思ってたらば。

「8越えてっど!9近いど!」と。

おお。
0.8〜0.9μSv/h。。
むむ、ちょっと高いのだなぁ。。。。などとぼんやりしてたら


「アホっ!
整数の9だど!!」



(゜o゜)。。。。。★!!!!
マジっすか!


「お父さん、市役所さいって、やり方聴いでくっから!!!
おめ、近づくなよ!!お父さん、やっからな!!!」


・・・ありやと。とうちゃん。

でも市役所よか、私のが詳しいかもしんない。(とは言わなかったが)

田中優さんの講演、父も聴いててくれたおかげで
30半ばのムスメ、大事にされました!
ありがとう、優さん(^^)




父(58)、またもや私の留守中にがんばってくれたので
処理前の数値写真撮れなかったのと、
何をどうやったのかまだ教えてもらってないのだけれども、



DSC_0110.jpg


今日の時点で、1.15μSv/h。

やったぜ。とうちゃん。



ただ、市役所、汚染土壌の処理は指示してくれなかったらしく
うちの裏に肥料袋に詰めて置いてあるので

その周辺は

DSC_0111.jpg


こんなもん。


ムスメ(16)は立ち入り禁止です。



放射能にいいとされる物たちを
せっかくだからいろいろ試して変化を見てみるとします。
まず、EMかな♪



家の中も、1階よりも2階が高め。

数値測りながら、掃除の仕方を変えていろいろやってみます。
屋根かベランダがネックなんだと思うんだけど。


変化や効果を
ここでシェアしていけたらと思います^^


最近、出先で仕事してるのでなかなかなぴあに居られないけど、
みんなが集まるなぴあはうすの線量もしっかり測ってUPしますね。





タグ:放射線量
posted by hozumi at 19:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

ホズミはガイガーカウンターを手に入れた!


ててててってってって〜〜〜〜〜ん♪

ドラクエ的SEを入れたいところですが。

CIMG1747.JPG

やってきたガイガーちゃん。



このたび、ガイガーカウンターを進呈したい、という
神の声のようなお申し出が。


その主は
ロックバンド「HEATWAVE(ヒートウエーブ)」さん。
http://no-regrets.jp/heatwave/

ウィキはここから


このHEATWAVEさんと
私でも知ってる有名ブランド「Chloé(クロエ)」さんが
震災復興プロジェクトを展開してくださっていて
その収益から今回、相馬市でイベントが開催されました。

プロジェクトのサイト↓

Chloe red presents
MY LIFE IS MY
MESSAGE


http://mylifeismymessage.info/



DSC_0072_1.jpg

相馬のじじばばをゲンキにしたい。

元気がないどころか、まだ、泣けてもいないじじばばを
励まして、元気づけたい。

そしたらやっぱりひばりさん!
HEATWAVEの山口洋さんと古くから仲良しの加藤和也さん(ひばりさんの息子さん)の
ご協力で、実現した美空ひばりフィルムコンサート。


藤沢市の方によるおしゃれ〜な炊きだしも!

DSC_0073.jpg

うなぎと夏野菜のサラダ飯!!

なんて美しい。。。そしてうんまかった〜んです^^!!
じじばばにも喜んでもらえるようにって、
ポン酢ベースの和テイスト!
配慮がうれしいです。


メッセージも。

DSC_0075.jpg


読めるかな?



仮設住宅の方へと、ラジカセ100台の寄贈と、
その上、ガイガーカウンターを、と。

被災地をずっと見ていてくれる、という想いの現れかな、
計測データや状況をネットで発信できる人に、というお申し出に、
私を推薦してくれた人がいて、このたびのご縁となりました。


CIMG1744.JPG

受け取りました!の図!


一番左が山口洋さん。

ひばりさんのフィルムコンサートの前に
「りんご追分」を弾き語りしてしまう、
すんごいお人でしたよ・・・^^

二日酔いで大変そうだったのはナイショ。

山口さんがブログに書いてくれてます。
http://no-regrets.jp/wordpress/?p=2293


一番右がクロエのエライかた。

私の右の方。。。お名前聴くの忘れちゃいました。
ごごごごめんなさい☆



プロジェクトのロゴ入りバッグ、
クロエレッドのバッジ、
矢井田瞳さんプロデュースのアロマキャンドルなど
なんだか貴重なもの盛りだくさんで
あわあわしちゃった。。


しっかり!
ミッションを果たしますから!!

DSC_0077.jpg

ちなみに、ためしに計測。

我が家は室内でも0.32μSv/h。。。。


野馬追いイベントやはらがま朝市など
賑やかなお仕事を終えて
これからしっかりあちこち測ってみます。


不思議なおじさんたち。

やんちゃなおじさんたち。

でっかいご支援に
ただただひたすら感謝です。

ここは、去年までとは全く変わってしまったんだけど、
私たちはここにいる理由をいっぱい持っていて、

不自由が多いから、どうしてもみなさんの力をお借りするしかありません。




ステージで喋りながら、袖に向かって
「うるせえっ!!」て毒づくシンガーを初めて見ました。


来てくれてありがとう。
歌ってくれてありがとう。
ひばりさんを連れてきてくれてありがとう。

涙が、いっぱい出ました。


ゲンキになっていく相馬を、
みなさんに見ていただけるように

私から見た現実と、数字を、
被災地の隅っこから発信していきます。

やくそくと義務。


楽しむことを忘れずに。

CIMG1746.JPG

測るぜべいべー^^

ちゃんと測り方べんきょするにょん。

(友情出演・ちび  雑種♀ 8歳)

posted by hozumi at 21:20| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

7/30(土)野呂美加さんが相馬にやってきます


NPO法人「チェルノブイリからのかけはし」の野呂美加さんによるお話会が
急遽決定しました。

野呂さん.jpg


19年間にわたってチェルノブイリ原発事故の被害にあった子どもたちの救済活動を
続けてこられた野呂さん。

ご本人が目で見て体験してきた教訓を福島の現状に生かして
子どもたちの未来を必死に守ろうと、福島県に限らず、全国を講演して回っておられます。


ここ相馬は避難の対象になるほどの線量ではないことから
特にこれと言って対策や防御を考えていない方が多い現状ですが、
実はもう、子供だけでなく、大人にも影響が出始めているようです。


鼻血が出る
下痢が止まらない
吐き気

など、直接なぴあに相談も寄せられています。


暑さや震災のストレスも無縁ではないでしょう。

でも、気になる。


そのまま不安でいるよりは、前例を見て、経験して、
たくさんの体験談を知っている方から、話を聴いてみたい。


そんな声が野呂さんに届き、相馬での開催が実現しました。


スライドでの映像紹介を交えて
わかり易く、子供を守るお母さん目線で聴ける講演会です。


放射能って、こどもは大人の5〜10倍の影響を受けるといわれるのはなぜ?

すでに身体に入ってしまった放射能を排出するために世界的に行われてることって?

私たちは本当にこのまま普通に暮らしててだいじょうぶ?

気を付けるっていっても、なにをどうしたらいいの?




自分だけ、よりは、家族みんなで、をお勧めします。

家庭内の温度差が、今、問題になってますので、
情報を共有することが大切。

家族みんなで、ぜひ。

私もムスメと聴きます。


野呂美加さんお話会 急遽開催

「いま、こどもたちを守るために
 知っておきたい放射能のこと」


 
日時 2011年 7月30日 (土) 18:30〜20:30 (18:00開場) 

会場  福島県相馬市総合福祉センター 『はまなす館』大ホール
     (相馬市小泉字高池357  Tel.0244-36-1905 )

参加予約は不要ですが、託児保育をご希望の方は事前にご連絡ください。
担当・佐久間(080-6035-3842)


※開催費用としてお一人様500円以上のカンパをお願い致します



 主催:7代先のこどもたちのために行動する会

 現地連絡先: 古宇田(ふるうた) 080-6009-1024




なぴあはうす(0244-35-0042)でもお問い合わせを受け付けています。


講演のチラシもご用意していますので、必要な方はご連絡の上なぴあはうすまでどうぞ。


チラシPDFはこちら
野呂さんチラシ.pdf



posted by hozumi at 15:55| Comment(0) | イベントのご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

復興VS放射能???

復興支援ってどんなことを指すのかよくわからないし、

縁あって手伝いをさせていただいてる事がいろいろあるけれど、
そのひとつひとつが果たしてどれだけ役に立てているかもわからない。


復興を支えることと、放射能に対しての知識や対策を広めることが、
相反してるのかな、と思うときがあった。


声高に原発や放射能の影響を発信してしまっては、
風評被害を招くと言われたとき。



農家さんが、野菜を売れないと困るし、
漁師さんが、魚を売れないと困る。
観光のお客様が怖がって来てくれないから困る。


だから大丈夫だって国にもみんなにも言って欲しいって。



それは、わかる。


うちの父は相馬の食品メーカーの会社にいて、
問い合わせの電話がバンバンきたり
(製造が震災前か後かを知りたいのが主)

震災後、お仕事がなくなって困ってる人が多いからって
無理して雇用を増やしたのだけども、

生産ラインが故障しても外国のエンジニアが来日を拒んで
製造ができなかったり


そういうのも何とか切り抜けて納期に間に合わせても

今度は、売れない。福島だから。相馬だから。
書いてあるので。ラベルに。

しんどい、ようです。



工場の建物の中で作ってるものですらそうだから。

野菜や果物、海産物はもっと、深刻。



でも。


南相馬の牛さんのことがあっても
みんな、わからないかな。

今までとおんなじにしてていいことは
とても減ったんだよね。

飛んでるものは飛んでるし、
散らばってるのは事実なんですよね。




だいじょうぶかどうかは
自分で決めて選ばないといけなくなるでしょう。

国に決めてもらうんじゃなく。

国がダイジョウブってゆってるんだから、という理屈じゃなく
自分でもっと勉強しましょう。

それでちゃんと判断しましょう。



しっかり数値を測って、隠さず発表する。



自信持って売れるとわかったら、
もちろんどんどんどんどん売り込んでいけばいい。
(手伝う!売り子やる!)

その結果がもし売るべきじゃない、とわかったら

ちゃんと被害を受けました、と声をあげて
そこはしっかり補償を求める。


大丈夫なふりして、物を作ったり、獲ったり、して、
売れなくなるから騒がないで欲しい、っていうのは

私はちがうと思っています。



福島は広いので、場所によって本当に事情も数値も違います。

浜通り、相双地区に起こったことで
会津や内陸部の人たちには迷惑をかけてる事も苦しい。

風向きや地形の具合なのか
おんなじ福島県の一部よりも
宮城や北関東の数値のほうがよっぽど高いくらいだし。


だからこれは、津波被害の上に
放射能数値も飛びぬけて高いわけではない
この町や似た状況の地域特有の葛藤。


なんか、あれに似てる。

みんなでいっしょにプールに入りたいから
ホントは熱あるくせにゲンキなふりしてがんばっちゃう小学生。
(私です)




私はもっとちゃんと知りたいし
自分の子どもの未来だって心配だから
いっぱい勉強して、気をつけることはしっかり気をつける。

せめて夏休みは放射線量の低い場所にムスメを疎開させる。

自分もできるだけ可能な範囲できれいな空気を吸って体内浄化する努力と工夫をする。
(時にはシュパッと遠くへ出かける)


おんなじように思ってる人たちや
似たような考えの仲間たちと
情報や知識を共有するために、イベントや勉強会も続けていく。


生まれた家が津波でなくなった身としても
町をゲンキにできる復興の手伝いだって目いっぱいやる。

どれも、本当に必要だと思う事だから、
やめないです。


いっぱい人が亡くなってしまって、
まだみつからない人もいるけど、

生き続ける人たちは
この先もきっちり人生やってかなきゃならない。

カラダ大事にして
子ども育てて
命つないで。

明るく、未来の話したい。



復興と自分たちの命を守る行為が
ちぐはぐでなくやれる方法を、いつも探してる。


なにかいっしょに考えようよ。

だいじょうぶなふりしなくても、
無理してプールに入らなくても、
楽しくなる幸せになる方法が、
どこかにあるはず。


どっちも
早く進めないといけない。


大勢で考えたら、もっといい方法が浮かぶかもしれないから。


今までとおんなじふりやめて、

作戦を、考えて、やってみるって、どう?




欲張りに見えても
ちぐはぐに見えても

私の町にはどっちも必要なの。
だからどっちもやめません。


父、ごめんね。

また売れなくなるかも。


もしなにかいい方法を見つけたら、

放射能が心配じゃなくなるまでは今の仕事一旦止めて、いっしょにやろう。

だいじょうぶになったら、また続きをやればいいから。
(セシウムより長生き義務)


最近いろんな人に会えるので、いろんな人に相談してます。
(お金持ちな人とか、エライ人とか、怪しげな人とか。みんな心配して、応援してくれてる人)

よい発明、求む。











posted by hozumi at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

ルーシーがブログを始めました

お知らせしようと思ってて忘れていました。
(ごめん。先生)


我らのルーシー先生がブログを始めました


ルーシーらしさ満載の
独特の空気感


NEWRusie's  Blog

『なごみの時間』

http://rusie.seesaa.net/



癒しと脱力のひとときをどうぞ。


夜cafeはできませんが、
ルーシー先生とのコラボイベントも企み中。

久々にパーっと行きたいトコロです(^^)


発表までもーちょっと待ってね。


posted by hozumi at 21:13| Comment(3) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんな気持ちも本当なので。

「いろんなことやってるんですね。」

・・・そうですかね('_')?


私の中では一貫性があるような気がしてたけども
一個しかないココロで考えて決めてるから
私にとってはそうなだけか!

カラダも一個だけだから、
思う先で思う事をやってる私には当然でも
誰かの目から見たら
ぐちゃぐちゃなのかもしれません。


ちょっとわかったような。


だからみんなちゃんとブログとかで報告しなさい、って
ゆってくれてるわけか。

言葉が足りない。
それでは伝わらないんだ。


ここまで書いて、

ここはなぴあはうすのofficialだから
こういうのは消そうかな、と一瞬思ったけど

何かをするとき嘘があるのは気持ちが悪いし
どんな気持ちも本当なので

このままのっけてしまいます。


もうひとつブログ作れば?という件も
そんな2つもやっていける人じゃない事は
リアルに私を知ってる人はみんな納得なはずなので
許して下さいませ。


なぴあはうすとしての今後の事もそろそろ答えが出そうです。


ちゃんとした記事も
そうじゃない記事も

もっとちゃんと書いていけそうな気がしてきました。


よろしくお付き合いください。ね。


posted by hozumi at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

『ハッピーアイランド新聞』から続く道

先月6.22に発行された『ハッピーアイランド新聞』。

images.jpg




福島県は「福の島」
ハッピーなアイランドにして行こう〜!!!!

製作したり、配布したりする中で
たくさんの仲間同士が見つけ合い、繋がり合って、

今ちょっとネガティブなイメージが強い福島の未来を
変えていこうぜ〜(^O^)/!!!


という熱い想いから製作されました。

以下紙面より抜粋。



2011年3月11日を、私たちは忘れません。

果たしてここから先、どんな道を歩いてゆけばいいのでしょうか?

みんな同じ気持ちです。

しかし、あきらめてはなりません。

『希望の未来』は必ずやってくるのです!

愛する大地を、未来、子ども達が笑顔で駆け巡ることを想像し、

まずは、子どもの命を守りながら、前に進みましょう!

汚染された大地から、希望あふれる『ハッピーアイランド』へ、

私たちの心を合わせた物語は、今始まったばかりです。





いまちょっと大変だけど、

いまここで生きてるからには
愛と希望の風を巻き起こしていこう〜!


なぴあはうすは『ハッピーアイランド新聞』の配布拠点として
一人でも多くの人にお配りする活動をしています。


読んでみたい方、
一緒に配ってくれる方、
お待ちしています!!


志緒里 振興ビル店

なごみ庵

ステーキの坪相

お茶の佐藤園 ジャスコ店


などなど

入手できる場所もどんどん増えています^^


明日から、県立相馬東高校の図書室にも置いてもらえることになりました!!



なぴあはうすにお越しの際は
お手数ですがお電話かメールであらかじめご連絡願います。


なぴあはうす
TEL 0244-35-0042
※不在時は転送されます。
応答できない場合はメッセージを残していただければこちらからご連絡します。

MAIL napiahouse@yahoo.co.jp





こちらからダウンロードもできます(^^♪


●はっぴーあいらんど新聞
http://kajipito.net/dl/happy-shinbun.pdf
製作・発行:NPO「ハッピーアイランドネットワーク」 協力:NGO「心援隊」

●関西からの手紙
http://kajipito.net/dl/mail_from_kansai.pdf
企画・発行:NGO「心援隊」 協力:モモの家

●全国Welcomeマップ
http://kajipito.net/dl/welcome_map.jpg
製作・発行:NGO「心援隊」

●免疫力UPの秘訣
http://kajipito.net/dl/renoa.pdf
製作・発行:アトピーくらぶ れのあ


posted by hozumi at 23:03| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

報告と、今のこと。これからのこと。




6.13チラシ.JPG

6月13日に開催の田中優さん&まーちゃん相馬講演。

ご報告、とってもお待たせしてごめんなさい。


平日の夜の開催、そして震災からまだ3カ月の相馬市で
ほんとうにほんとうにたくさんの方がご来場くださいました。

参加してくださったみなさん、
そして広報、準備、当日まで手伝ってくださったスタッフのみんな、
本当にありがとうございました。



開催翌日から反響がたくさん寄せられています。


『知らないことだらけだった』

『地震や津波でまいってるどころじゃない。
(原発のからくりや電気料金のことなど)バカにされてガマンならない』

『少し先の事を考える気持ちになれました。今の人にしか、できないことがある、と思いました』

『飯館や原町(南相馬)に比べたら相馬は平気だと思っていたけど、考えなくてはならない』

『涙が出ました。花が咲くように、がんばりたい。』

『もう一回やってください。聞かせたいひとがいっぱいいます。』


メールやアンケートに寄せられた一部です。





IMG_6927.JPG

田中優さん。





IMG_6879.JPG

相馬の線量データもしっかり取り上げてくださいました。





IMG_6886.JPG

その上で、今どうしたらいいか。





IMG_6965.JPG

IMG_6980.JPG

そして、これからどうしたらいいか。



今起こっていることをどう考えて、これからどう動いて行けばいいのかを
わかり易く話してくださいました。

もやもやが晴れるような、
目からウロコなお話が満載。

わたしたちは、ホントになんにも知らなかったんだなぁって
思い知らされる時間でした。


原子力発電が、こんなに怖いものだったなんて。
途方もない力は、同じだけのリスクを背負っていて当然だった。
そして大きなお金もかかるし、
大きな利益も生むシステムの上に成り立ってる。

原発は、とても魅力的だったんでしょうね。きっと。



今回の事故で全村避難を強いられた相馬郡飯舘村。

村民のみなさんの決起集会にお邪魔したとき、
加藤登紀子さんとお話する機会がありました。


「あの頃、必死に、本気で反対の声をあげていたつもりだったけれども、
足りなかったのかもしれない。今の人たちに本当に申し訳ない。」

そう、涙を流しておいででした。


今、世界的にも特殊な状況下にある「フクシマ」で生きる中で
少し意識を向けてみると、驚くべきことがたくさん起こっていることがわかって、
気が付いたら、私はこうしたいな、と思う先へ動いてしまっていました。


たくさんの人がこれからの事を前向きに考えていけたら
きっときっと幸せに生きれる町になる。


三線奏者・まーちゃんの魂のこもった応援歌が
背中を押してくれているようでした。


IMG_6781.JPG

IMG_6814.JPG


起こってしまったことは変えられないけれど、
意味は変えられるとしたら、
その時行動した人たちにしかできない所業に他なりません。


この先もどこかで起きる自然災害の度に
福島で起こってしまった今回の過ちが繰り返されないように。

ここにいるわたしたちには大きな役目があるようです。


たくさんの参加者のみなさんといっしょに
希望に満ちた未来の可能性を感じることができて
とてもうれしく思います。

最初に一人で優さんのお話を聞いてから、
自分が知ってるひとすべてに
住んでる町のみんなにも絶対聴いてほしくって
動き始めて1カ月半。

無事に開催することができました。

支えてくれた、応援してくれたすべての方のおかげです。
この場を借りて、心から感謝いたします。


講演当日のDVDも、たくさんのご注文いただきありがとうございます。

製作を進めておりますので、お届けまでもうしばらくお時間をいただきたいと思います。




子どもを守り、町をキレイにして、
みんなでゲンキになる。


たくさんの試みが始まっています。


なぴあはうすもたくさんのアクションに関わりながら
いっしょに動く仲間たちとの情報交換や
不安だったり心配だったりする気持ちを持ち寄って
ゲンキになれる方法を見つけられる場所になるべく
再起動の準備、しています。



☆放射能に負けない対策あれこれ健康相談会
☆カラダとココロを内側からゲンキにしちゃうワークショップ


☆福島をはっぴーあいらんどにしちゃうぞ!『ハッピーアイランド新聞』配布拠点

☆放射能対応波動水『エムレットエンジェルウォーター』配布拠点


☆誰かのため、未来のために行動したいけどひとりだとどうしていいかわかんない同士が作戦会議をして
その企みを実現するための溜まり場計画推進事業
☆どうせだったら楽しみながらカラダにいいこと地球にいいことやっちゃおう的突発的ゲリライベント企画

被災地の端っこでもアカルイ未来を作っていきたくって
情報収集あんど情報発信を続けていきたいと思っています^^


☆☆相馬はらがま復興朝市
・支援物資コーナー(毎週土日)のお手伝いしてます(*^_^*)
http://twitter.com/#!/somaharagama


☆☆仙台市新寺「まくろび庵」
料理教室・講座など出張開催させていただいてます。
・自然療法・ナチュラルセルフヒーリング『お手当て講座』好評開催中
http://macrobian.org/



まだ言えないのですが・・・
ほかにもあれこれ企画中!

決まった順から、またお知らせしますね^^




ALL PHOTO  BY わこーさん
Special Thanks です!
posted by hozumi at 19:16| Comment(2) | イベント後記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。